韓非子 定法篇 書き下し文

問ふ者曰く、申不害、公孫鞅、此の二家の言、孰(いづ)れか国に急なる、と。


之に応(こた)へて曰く、是れ程す可からざるなり。
人、食はざること十日なれば則ち死す。大寒の隆、衣(き)せざるも亦死す。
之を衣食孰(いづ)れか人に急なると謂はば、則ち是れ一も無かる可からざるなり。皆、生を養ふの具なり。

今、申不害は術を言ひ、而して公孫鞅は法を為す。
術は、任に因(よ)りて官を授け、名に循(したが)ひて実を責む。殺生の柄を操(と)り、群臣の能を課する者なり。
此れ人主の執る所なり。
法は、憲令、官府に著し、刑罰、民心に必す。賞は法を慎むに存し、而して罰は令を姦(をか)すに加ふる者なり。
此れ臣の師とする所なり。
術無くんば則ち上に弊(おほ)はれ、臣法無くんば則ち下に乱る。
此れ一も無かる可からず。皆、帝王の具なり。


問ふ者曰く、徒(た)だ術にして法無く、徒(た)だ法にして術無き、其の不可なるは何ぞや、と。


対(こた)へて曰く、申不害は韓の昭侯の佐なり。
韓は晋の別国なり。晋の故法、未(いま)だ息(や)まず。而して韓の新法、又(また)生ず。
先君の令、未(いま)だ収めず。而して後君の令、又(また)下る。
申不害、其の法を擅(ほしいまま)にせず、其の憲令を一にせず。則ち姦多し。
故に利、故法前令に在れば則ち之に道(よ)り、利、新法後令に在れば則ち之に道(よ)る。
利、故新相反し、前後相悖(もと)るに在れば、則ち申不害、十たび昭侯をして術を用ひしむと雖も、而れども姦臣猶(な)ほ其の辞を譎(いつは)る所有り。
故に万乗の勁韓に託し、十七年にして覇王に至らざる者は、術を上に用ふと雖も、法、官に勤飾(きんちょく、飾=飭)せざるの患なり。

公孫鞅の秦を治むるや、告相坐を設けて其の実を責め、什伍を連ねて其の罪を同じくす。
賞厚くして信、刑重くして必。
是を以て其の民、力を用ひ、労して休せず。敵を逐(お)ふに、危くして却(しりぞ)かず。
故に国富みて兵強し。

然り而して術の以て姦を知る無ければ、則ち其の富強を以て、人臣に資するのみ。
孝公商君死し、恵王位に即くに及びて、秦法未(いま)だ敗れず。
而して張儀、秦を以て韓魏に殉(したが)ふ。
恵王死し、武王位に即く。甘茂(かんも)秦を以て周に殉(したが)ふ。
武王死し、昭襄王位に即く。穰侯、韓魏を越えて東、斉を攻め、五年にして秦尺土の地を益(ま)さず。乃ち其の陶邑(とうゆう)の封(ほう)に城(きず)く。
應侯、韓を攻むること八年、其の汝南(じょなん)の封(ほう)に城(きず)く。
是より以来、諸(もろ)もろ秦を用ふる者、皆、応穰の類なり。

故に戦勝てば則ち大臣尊く、地を益(ま)せば則ち私封立つ。
主、術の以て姦を知る無ければなり。
商君、十たび其の法を飾(ととの、飭)ふと雖も、人臣反りて其の資を用ふ。
故に強秦の資に乗ずること十年にして、而かも帝王に至らざる者は、法、官に勤飾せずして主、上に術無きの患なり、と。


問ふ者曰く、主、申子の術を用ひて、官、商君の法を行はば、可ならんか、と。


対(こた)へて曰く、申子、未(いま)だ術を尽さず、商君、未(いま)だ法を尽さざるなり。
申子言ふ、治、官を踰(こ)えず、知ると雖も言はず、と。
治、官を踰(こ)えざるは、之を職を守ると謂ふ、可なり。
知りて言はざるは、是れ過ちと謂ふなり。
人主、一国の目を以て視る。故に視ること焉(これ)より明なるは莫し。
一国の耳を以て聴く。故に聴くこと焉(これ)より聡なるは莫し。
今、知りて言はずんば、則ち人主、尚(な)ほ安(いづ)くに假借(かしゃく)せんや。

商君の法に曰く、一首を斬る者は爵一級、官為(な)らんと欲する者は、五十石(せき)の官と為す。二首を斬る者は爵二級、官為(な)らんと欲する者は、百石の官と為す、と。
官爵の遷る、首を斬るの功と相称(かな)ふなり。
今、法有り。首を斬る者は医匠為(な)らしめんと曰はば、則ち屋(おく)は成らずして病は已(い)えじ。
夫(そ)れ匠は手巧(たくみ)なり。而して医は斉薬(せいやく)なり。
而して首を斬るの功を以て之を為さば、則ち其の能に当たらず。
今、官を治むるは智能なり。
今、首を斬るは、勇力の加はる所なり。
勇力の加はる所を以て、智能の官を治むるは、是れ首を斬るの功を以て医匠と為すなり。

故に曰く、二子の法術に於ける、皆未(いま)だ善を尽くさざるなり、と。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

韓非子 定法

ある人が問うて言った。
申不害と公孫鞅、この二人の説は、どちらが国にとって重要でしょうか、と。


これに答えて韓非が言った。
それは比べることができない。人が十日間何も食わねば死に、極寒の中で衣を身につけていないのもまた死ぬであろう。
これを衣食のどちらが人に重要かと言うと、これはどちらか一方でも欠けてよいものではなく、共に生命を保つために必要なものである。

今、申不害は術を説き、公孫鞅は法を行う。
術は臣の能力によって官職を授け、言論にそって実績を調べ、生殺の権を用いて群臣の能力を確かめるものであり、これは君主が執り行うべきことである。
法は、命令を諸官府に公布し、賞罰が必ず行われることを民心に知らしめ、賞は法を重んじ守るものに与えられ、罰は命令に背くものに加えられるものであり、これは臣が行動の基準とするものである。
君主に術がなければ、臣下にその耳目は覆われ、臣に法がなければ、世の秩序は乱れるだろう。
これはどちらかひとつでも欠けるべきでなく、共に帝王たる道具である。



ある人がまた問うて言った。
術だけを用いて法は無し、法だけ用いて術は無し、これらの不可とするのは何故でしょうか、と。


答えて言う。
申不害は韓の昭侯の補佐である。
韓は晋が別れた国である。晋の時代の古い法がまだ残っているのに、韓の新しい法が設けられ、先君の命令がまだ完了されぬまま、新君の命令が下された。
申不害はその法や命令を統一しなかったために、姦悪をなす者が多かった。つまり彼らの利益が旧法旧令にあればこれに従い、利益が新法新令にあればこれに従うのだ。
利益が新旧相反し、食い違うところがあればそこにつけ込むというのでは、申不害が十回昭侯に術を用いさせたとしても、姦臣はなおその言葉を詐るだろう。
ゆえに申不害は万乗の大国韓に用いられて十七年に及ぶも、覇王となるには至らなかったのは、術を君主が用いたとしても、法が官吏を謹直させることができなかったことが失敗だったのである。

公孫鞅が秦を治めるに、告坐の制度を設けてその実情を調べ、十軒、五軒を一組にして罪を連座させた。
賞は厚く、刑罰は重くしてともに必ず行われた。
これによって民は力を尽くし、疲れても休まず、敵を追い、危険でも退かなかった。
ゆえに国は富み、兵は強かった。
しかし術を使って姦悪を見抜くことがなかったので、国の富強は大臣の利益となるのみであった。
孝公と商鞅が死んで恵王が即位しても、秦の法は守られていた。
そして張儀は秦の力を用いて韓と魏を従えた。
恵王が死に武王が即位すると、甘茂は秦の力を用いて周を従えた。
武王が死んで昭襄王が即位すると穣侯は韓と魏を越えて東の斉を攻めること五年、しかし秦は一尺の土地すら得られずも、陶邑を自分の領地にした。
應侯は韓を攻めること八年、汝南に自分の領地をつくった。
これ以降、諸々の秦に用いられた者は皆、穣侯や應侯の類であった。
ゆえに戦って勝っては大臣が尊ばれ、土地を得ては大臣の私領ができた。
君主が術を用いて姦悪を見抜けなかったからである。
商鞅が十度その法を厳格にしたとしても、臣下はかえってそれを自分の利益とするだろう。
ゆえに強国秦の力を用いること数十年、しかし帝王となれなかったのは、法が官吏を謹直にしたといえども、君主に術がなかったことによる失敗のためである。



問う者が言った。
では、君主は申不害の術を用い、官吏は商鞅の法を守るならば、良いということですか、と。


答えて言う。
申不害の術はまだ充分ではない。
申不害は言う。政治を行うに、自分の職分を超えず、知っていても言わない、と。
自分の職分を超えず、とは、職分を忠実に守ると言うこともできる。
知っていても言わない、とは、過ちがあっても言わないということになる。
君主は国全体の目で見るから、これより明らかなものはなく、国全体の耳で聴くから、これより聡いものはない。
今、臣下たちが知っていても言わないのなら、君主はいったいどうやってその耳目を借りられようか。

商鞅の法に言う。戦場で敵の首ひとつを斬った者には爵位一級を進め、官職を欲する者には禄五十石の官に任ずる。敵の首二つを斬った者には爵位二級を進め、官職を欲する者には禄百石の官に任ずる、と。
官爵の与え方と敵の首を斬った功績が互いに合うようになっているのだ。
今、法を定めて、敵の首を斬った者は医者か大工にするとしたら、家屋は建たず病は治らぬだろう。
そもそも大工は手の技巧であり、医者は薬の調合が仕事である。
しかし敵の首を斬った功績によってこれに任ずるのでは、それぞれの能力に適さない。
今、官吏が職務を果たすのは知識と能力である。
敵の首を斬るのは武勇によるものである。
武勇による功績によって、知識や能力の官職を果たすのでは、敵の首を斬った功績によって医者や大工になることと同じである。


だから言うのだ。
申不害と商鞅の法術において、共に充分ではない、と。



テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
キーワード

韓非 通背拳 申不害 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
31位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR