韓非子 備内

君主の災いは人を信用することにある。
人を信用すると、その人に制される。
臣下の君主に対して肉親の情を持っているわけではない。
君主の権勢に縛られて仕えざるを得ないだけなのである。

だから臣下は君主の心の内を探ろうと休む間もなく伺っているが、君主は怠けて臣下の上に立って威張っている。これが世の中の君主を脅かし、また君主を殺したりすることがある理由である。

君主となって自分の子を大いに信用すると、悪い臣下はその子を利用して私欲を満たす。だから李兌は趙王の守り役となってその父王を餓え殺したのだ。
君主となって自分の妻を大いに信用すると、悪い臣下はその妻を利用して私欲を満たす。だから晋の優施は麗姫の世話役となって太子である申生を殺し、麗姫の子の奚斉を太子に立てたのだ。
もっとも身近にいる妻、もっとも親しい子供でさえ、信用できないとなると、その他に信用できる者などいるはずもない。


万乗の国や千乗の国の后妃や夫人で、嫡子が太子となっている者の中には、時にその君主が早く死ぬことを望む者もいる。
なぜそれが分かるのか。そもそも妻は肉親の情によって繋がっている関係ではない。
愛情がある間は親しまれるが、愛情が失せると疎んぜられる。世に言う、母が愛されていると、その子も抱かれる、と。ということは逆に、母が憎まれたら、その子も捨てられる、ということだ。

男は五十歳になっても色好みはまだ衰えない。女は三十歳になると美貌は衰える。美貌の衰えた妻が好色の夫に仕えると、我が身は疎んじられるのではと疑い、子の太子が世継ぎになれないのではないかと疑う。
これが后妃や夫人が主君の死を強く望む理由である。
母が太后となり、子が君主となれば命令は完遂され、禁令は守られ、男女の楽しみも先王の頃に劣らず自由で、大国を思い通りに動かすことができる。
これが君主が毒殺されたり絞首や斬首される理由である。
だから「桃左春秋」で言う「君主で病死する者は、その半数にも満たない」ということだ。君主がそれを知らないなら、乱れることが多い。君主の死を利益とする者が多ければ君主は危険だということだ。


王良が馬を愛し、越王勾践が民を愛したのは、民を戦に駆り立てたり馬を速く駆けさせるためである。
医者が人の傷口を吸い、血を口に含むのは肉親の情愛ではなく、利益が得られるからである。
車作りの職人が車を作ると、人々が富貴になることを望み、棺桶職人が棺桶を作ると、人々が早く死ぬことを望む。これは車を作る職人が善人で、棺桶職人が悪人だということではないのだ。
人々が富貴にならなければ車は売れないし、人々が死ななければ棺桶が買われることはない。人が憎いわけではない。人の死によって利益が得られるからである。

だから后妃や夫人や太子の党派が出来あがり、君主の死を望むのは、君主が死ななければ自分たちの権勢が強くならないからだ。君主を憎んでいるわけではない。君主が死ぬことで利益が得られるからである。
だから君主は自分の死を利益とする者たちに心を開いてはならないのだ。


占いに太陽や月の周りに傘がかかると国内から賊がおこる、とある。外敵に備えたとしても、禍いは愛する身内から生まれるのだ。

だから聡明な王は情報が集まっていないうちは事を起こさず、いつもと違うものは食べない。遠くのことにも耳をすませ、近くのこともよく観察し、内外の過失を明らかにし、進言の同異を検討し、党派の違いを察知する。
さまざまな証拠を集めて、臣下の申告したことに対する実績を追求し、申告内容と比べる。法に照らし合わせて民を治め、多くの事柄を参照して調べ、判断を下す。

よって群臣はまぐれで賞されるということはなく、分を越えるような行為もなく、死刑は必ず遂行され、罪を犯せば必ず罰せられる。そのために、悪臣もその私欲を差し挟む余地はないのである。

兵役が多くなると民は苦しみ、民が苦しめば新たな権勢が起こる。権勢が起これば税の免除が増えて国は困窮し、賄賂によって貴族は私腹を肥やす。民を苦しめて貴族を富ませる。権勢を臣下に貸し与えるのは、天下の長久の利益とは言えない。
だから兵役が少なければ民は安らぎ、民が安らげば権勢が強くなるこおともない。権勢が強くならなければ、その勢力は滅び、権勢が滅べば恩賞は君主からに限られるだろう。


水が火に勝つことは明らかである。しかし、釜に水を入れて隔てると、水は沸騰してなくなってしまうが、火はその下で燃え盛っていられる。水は火に勝つ力を失ったのだ。

法が悪事を禁ずるのは、このことよりも明らかである。
しかし法を守るべき臣下が釜のような役割をしたのでは法はただ心に明らかになるのみで、その悪事を禁止する力を失ってしまう。
大昔の言い伝えや春秋の記録によると、法を犯して反逆し、大きな悪事をなした者は、高貴な臣下以外から出てきたためしがない。それなのに法が備える相手、刑罰が下される相手はいつも卑賤な者たちである。だから民は絶望し、訴え出る所もないのだ。

重臣は私欲によって徒党を組み、君主の耳目を塞ぎ、ひとつにまとまる。蔭では親しくし、表向きは不仲を装い、私心がないように見せかける。そして互いに情報交換しながら君主の隙をうかがうのだ。

君主は耳目を塞がれ、真実を聞く方法もなく、君主とは名ばかりで実はなく、臣下が法を独占して勝手に執行する。周の天子がこれである。
君主の権勢を臣下に貸し与えたら、上下の位は入れ替わってしまうだろう。だから臣下に権勢を貸してはならない、と言うのだ。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
538位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
59位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR