韓非子 二柄

賢明な君主がその臣下を制御するための拠り所とするのは二柄のみである。二柄とは、刑と徳である。
刑と徳とは何のことを言うのか。罰を与えることを刑と言い、褒美を与えることを徳という。

臣下というものは処罰を畏れ、褒賞を喜ぶものだ。だから君主は自分で刑罰と褒賞の権限を握って使いこなせば、臣下は刑罰を畏れて、褒賞を得ようとするのである。
ところが、世の中の悪どい臣下はそうはいかない。自分の気に入らない相手には君主になりかわって自ら罰し、気に入った相手には君主になりかわって自ら褒賞を与える。

今、君主が賞罰の権限を自分で行使することができず、臣下に任せて自分で賞罰を行うならば、国じゅうの人すべてが、その臣下を畏れて君主を軽んじ、臣下に寄り添い、君主から遠ざかるであろう。
これこそ、君主が賞罰の権限を失うことの弊害なのである。

虎が犬に勝てるのは、その爪と牙があるからだ。虎からその爪と牙を取り去って、犬にそれを使わせれば、虎は逆に犬に負かされるだろう。
君主は刑罰と褒賞を使い分けて臣下を制御する者である。ところが、その君主が賞罰の権限を放棄し、臣下がその権限を使わせたら、君主は逆に臣下に制御されてしまうであろう。

だから斉の田常は君主から爵位や俸禄をねだり、それを臣下たちに分け与える。また、民衆には大きな桝目で貸し出した。
君主である簡公は自ら施すべき権限を手放し、田常がその権限を行使したのだ。そのために簡公は田常に殺されてしまったのである。

また宋の子罕は宋の君主に言った。「褒賞を与えるのは民衆が喜ぶことなので、君主自身が行なってください。しかし刑罰を与えるのは民衆が嫌がることなので、私が行いましょう」と。
これにより宋の君主は罰を与える権限を手放し、子罕がこれを行使した。そのために宋の君主はその地位を脅かされた。

田常は賞を与える権限を得て行使した結果、簡公は殺され、子罕は罰を与える権限を得て行使した結果、宋の君主は脅かされた。

今の世の人臣は刑徳両方合わせて用いている。ということは君主の危ういこと簡公、宋の君主とは比べようもない。
殺されたり目をくらまされ、実権を失っているような君主は、賞罰の権限を共に失って、臣下にこれを使わせた。その結果、身を滅ぼさなかった君主は未だ嘗ていたためしがない。


君主が臣下の悪事を防ぎたいと思えば、臣下の刑名を一致させる、すなわち臣下の実績と臣下の申告した内容を突き合わせて比べることだ。
臣下は自分の意見を述べ、君主はその意見をもとに仕事を与え、それに応じた実績を求める。実績がその仕事に合っており、申告した意見とも合致していれば賞を与え、合致していなければ罰を与える。
だから群臣の中で言うことは大きいのに実績は大したことのない者は罰するのだ。実績が小さいことを罰するのではなく、申告と実績が一致しないことを罰するのだ。

また、群臣の中で言うことが小さいのに実績は大きいという者も罰する。実績が大きいことを喜ばないわけではないが、申告と実績とが一致しないということの弊害の方が問題が大きいから、罰するのである。


昔、韓の昭侯が酒によって眠ってしまった。冠係が君主が寒そうだと思って、君主の身体の上に衣をかけてあげた。昭侯が目覚め、それを喜んで近習にたずねた。「誰が衣をかけてくれたのか」と。
近習が答えて言うには、冠係です、と。昭侯は衣係と冠係の両名を共に罰した。衣係を罰したのは自分の職務を怠ったからであり、冠係を罰したのは職責を越えて行動をしたからである。
昭侯は、別に寒くても構わないというわけではない。自分の職責の範囲を越えて、他者の仕事にまで手を出した、ということの方が、寒いことよりも大きな問題だと考えたのである。

だから名君が臣下を養う場合、臣下は自分の職責を越えてまで功績をあげることは許されず、申告したことが実績と一致しないことも許されない。越権行為は死罪、申告と実績とが一致しない場合は罪となる。
臣下が、それぞれ官職ごとに決められた職責を守り、申告した通りの仕事が行われるならば、臣下同士が徒党を組んで悪だくみをすることなどできないのだ。


君主には二つの心配事がある。賢者を採用すれば、その能力に乗じて君主の座を脅かしかねない。逆に能力に関係なく玉石混交で採用すれば仕事はいっこうにはかどらない。

君主が賢人を好むと、群臣たちは行動を立派に飾り立てて君主の好みに自分を合わせようとする。そうなると群臣の実力はわからなくなってしまう。
群臣の実力がはっきりわからなくなると、君主はその臣下が有能であるかどうかを見分けられない。

越王は勇敢な者を好んだがために、民衆は死を軽んじ、命を投げ出す者が増えた。楚の霊王は腰の細い女を好んだがために、国中の女が痩せようとし、餓える者が増えた。

斉の桓公は嫉妬深く、色好みであった。だから豎刁は自ら去勢し後宮の役人となった。また桓公は珍味を好んだ。易牙は自分の子供の頭を蒸し焼きにして献上した。

燕王の子噲は賢者を好んだ。だから宰相の子之は、たとえ王に国を譲ると言われても受けない、と詐って公言した。

君主が嫌っているものが何であるかを明らかにすれば、群臣は嫌っているものを隠し、君主が好んでいることを明らかにすれば、群臣はその好みに合うように実力を見せかける。

だから子之は賢者を装い君主の座を簒奪し、豎刁と易牙は主君の欲につけ込んで君主の権力を侵害した。結果、燕王の子噲は内乱により死に、斉の桓公は死体に蛆がわき、戸の外にまで這い出しても葬られなかった。
そうなってしまった原因は何か。君主が好悪の感情を表に出し、臣下につけ込まれたからである。臣下は必ずしも君主を敬愛しているわけではないのだ。自分たちの利益の為に仕えているのである。

今、君主が自分の感情や考えを隠さず、臣下にそれを拠り所にして君主の権力を侵害するようなことがあれば、群臣たちが子之や田常のようになるのは想像に難くない。
だから、君主が自分の好みを去り、憎みを去れば、群臣は素のままの姿を現す、と言うのだ。群臣が素のままの姿を現せば、君主の目は覆われず、眩まされることもない。



テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
555位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
58位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR