韓非子 孤憤 書き下し文

智術の士、必ず遠見にして明察。
明察ならずんば私を燭(て)らす能わず。

能法の士、必ず強毅にして勁直。
勁直ならずんば姦を矯(た)むる能わず。

人臣、令に循ひて事に従ひ、法を案じて官を治むるは、謂はゆる重人に非ざるなり。
重人なる者は、令無くして擅に為し、法を虧(か)きて以て私を利し、国を耗して以て家に便し、力、能く其の君を得。
此れ所謂重人なり。


智術の士、明察。
聴用せらるれば且(まさ)に重人の陰情を燭(てら)さむとす。

能法の士、勁直。
聴用せらるれば且(まさ)に重人の姦行を矯(た)めむとす。

故に智術能法の士用ひらるれば則ち、貴重の臣必ず縄の外に在り。
是れ、智法の士と当塗の人と、両存すべからざるの仇なり。


当塗の人、事要を擅にせば、則ち外内之が用を為す。
是を以て、諸侯因(よ)らずんば、則ち事、応ぜず。
故に敵国、之が為に訟す。

百官因らずんば、則ち業、進まず。
故に群臣、之が用を為す。

郎中因らずんば、則ち主に近づくを得ず。
故に左右、之が為に匿す。

学士因らずんば、則ち養禄薄く礼卑(ひく)し。
故に学士、之が為に談ずるなり。

此四助の者は、邪臣の自ら飾る所以なり。


重人、主に忠にして其の仇を進むる能わず。
人主、四助を越えて其の臣を燭察(しょくさつ)する能わず。
故に人主、愈(いよ)いよ弊(おほ)われて、大臣、愈(いよ)いよ重し。

凡そ当塗者の人主に於けるや、信愛せられざること希(な)し。
又且つ習故なり。
夫の主の心に即(つ)き好悪を同じうするが若きは、固より其の自ら進む所なり。
官爵貴重、朋党又衆く、而して一国之が為に訟す。

則ち法術の士、上を干(もと)めむと欲する者は、信愛する所の親、習故の沢有るに非ざるなり。
又将に法術の言を以て、人主阿辟の心を矯(た)めむとす。
是れ人主と相反するなり。


勢に処ること卑賤にして、党無くして孤特なり。
夫れ疎遠を以て近愛信と争ふ。
其の数、勝たざるなり。

新旅を以て習故と争ふ。
其の数、勝たざるなり。

主意に反するを以て同好と争ふ。
其の数、勝たざるなり。

軽賤を以て貴重と争ふ。
其の数、勝たざるなり。

一口を以て一国と争ふ。
其の数、勝たざるなり。


法術の士、五不勝の勢を操(と)り、歳を以て数へて又見るを得ず。
当塗の人、五勝の資に乗じ、而して旦暮に独り前に説く。
故に法術の士、奚(なに)に道(よ)りてか進むを得む。
而して人主、奚(いずれ)の時か悟るを得むや。

故に必不勝に資し、而して勢は両存せず。
法術の士、焉んぞ危うからざるを得む。

其の罪過を以て誣(し)ふ可き者は、公法にて之を誅す。
其の被らするに罪過を以てす可からざる者は、私剣を以て之を窮す。

是れ法術に明(あきらか)にして、主上に逆らふ者、吏誅に僇(りく)せられずんば、必ず私剣に死す。
朋党比周して以て主を弊(おほ)ひ、曲を言ひて以て私に便(べん)する者、必ず重人に信ぜらる。
故に其の功伐を以て借る可き者、官爵を以て之を貴うす。
其の借るに美名を以てす可き者、外権を以て之を重んず。
是を以て主上を弊(おほ)ひて私門に趨(おもむ)く者、官爵に顕(あらは)れずんば、必ず外権に重んぜらる。

今、人主、参験を合せずして誅を行ひ、見功を待たずして爵禄す。
故に法術の士、安(いずく)んぞ能く死亡を蒙(をか)して其の説を進めむや。
姦邪の臣、安(いずく)んぞ肯(あへ)て利に乗じて其の身を退けむや。
故に主上、愈いよ卑しく、私門、益ます尊し。


夫の越、国富み兵強しと雖も、中国の主、皆己に益無きを知るなり。
曰く、吾が制する所に非ざるなり、と。
今、国を有(たも)つ者、地広く人衆(おほ)しと雖も、然れども人主壅蔽せられ、大臣権を専らにす。
是れ国、越と為るなり。

越に類せざるを知りて其の国に類せざるを知らざるは、其の類を察せざる者なり。
人主、斉亡ぶと謂ふ所以の者は、地と城と亡ぶるに非ざるなり。

呂氏制せずして、田氏之を用ふるなり。
晋亡ぶと謂ふ所以の者は、亦地と城と亡ぶるに非ざるなり。
姫氏制せずして、六卿之を専らにするなり。

今、大臣柄を執りて独断し、而(しか)も上、収むるを知らず。
是れ人主明ならざるなり。
死人と病を同じうする者は、生く可からざるなり。
亡国と事を同じうする者は、存す可からざるなり。

今、跡を斉晋に襲(つ)ぐ。
国の安存せむを欲するも、得可からざるなり。


凡そ法術の行ひ難きは、独り万乗のみならず。
千乗も亦然り。

人主の左右、必ずしも智ならざるなり。
人主の人に於ける、智とする所有りて之を聴く。
因りて左右と其の言を論ず。
是れ愚人と智を論ずるなり。

人主の左右、必ずしも賢ならざるなり。
人主の人に於ける、賢とする所有りて之を礼す。
因りて左右と其の行を論ず。
是れ不肖と賢を論ずるなり。
智者、策を愚人に決せられ、賢士、行を不肖に程(はか)らる。

則ち賢智の士、羞(は)ぢて人主の論、悖る。


人臣の官を得むと欲する者、其の修士は且つ精潔を以て身を固くし、其の智士は且つ治弁以て業を進む。
其の修士は貨賂を以て人に事(つか)ふる能わず。
其の精潔を恃みて、更に法を枉(ま)ぐるを以て治を為す能わず。

則ち修智の士、左右に事(つか)えず、請謁を聴かず。

人主の左右、行、伯夷に非ざるなり。
求索得ず、貨賂至らずんば、則ち精弁の功息(や)みて、毀誣(きふ)の言起こる。

治乱の功、近習に制せられ、精潔の行、毀誉に決せらるれば、則ち修智の吏廃して、人主の明、塞がる。
功伐を以て智行を決せず、参伍を以て罪過を審らかにせず。
而して左右近習の言を聴けば、則ち無能の士、廷に在りて、愚汚(ぐお)の吏、官に処る。


万乗の患は、大臣太(はなは)だ重く、千乗の患は左右太(はなは)だ信ぜらるなり。
此れ人主の公患なる所なり。
且つ人臣、大罪有り、人主大失有り。
臣主の利、与(とも)に相(あい)異なる者なり。
何を以て之を明かすか。

曰く、主の利は能有りて官に任ずるに在り。
臣の利は能無うして事を得るに在り。
主の利は労有りて爵禄するに在り。
臣の利は功無うして富貴なるに在り。
主の利は豪傑能を使ふに在り。
臣の利は朋党私を用ふるに在り。

是を以て国地削られて私家富み、主上卑しくして大臣重し。

故に主、勢を失ひて、臣、国を得、主、更(あらた)めて蕃臣と称して相室(しょうしつ)符を剖(さ)く。
此れ人臣の主を譎(たぶら)かし私に便する所以なり。

故に当世の重臣、主、勢を変じて固寵を得る者は、十に二三無し。
是れ其の故何ぞや。

人臣の罪、大なれば、臣、大罪有る者は、其の行ひ主を欺くなり。
其の罪死亡に当するなり。

智士は遠見して死亡を畏る。
必ず重人に従はず。

賢士は修廉にして姦臣と与(とも)に其の主を欺くを羞ず。
必ず重臣に従はず。

是れ当塗者の徒属、愚にして患を知らざる者に非ずんば、必ず汚にして姦を避けざるなり。
大臣愚汚の人を挟み、上、之と与(とも)に主を欺き、下、之と与(とも)に利を収めて侵漁(しんぎょ)し、朋党比周して相与し、口を一にして主を惑わし、法を敗りて以て士民を乱す。

国家をして危削せられ、主上をして労辱せしむ。
此れ大罪なり。

臣、大罪有りて、主、禁ぜず。
此れ大失なり。

其の主をして上に大失有り、臣をして下に大罪有らしめて、国の亡びざるを索(もと)むとも、得可からざるなり。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

韓非子 孤憤

智術の士は必ず遠く先のことまで見通し、深い洞察力を持っている。
深く洞察できなければ私腹を肥やす悪事を見抜くことはできない。
法に忠実な士は必ず強い意志を持ち、正義を貫く。正義を貫けなければ悪事を正すことはできない。

臣下の中で命令を守って仕事をし法に則って官職にあたる者は重臣ではないのだ。
重臣とは命令もないのに勝手にふるまい、法を捻じ曲げて私腹を肥やし、国家の財産をすり減らして自分の一族に便宜をはかり、その権力は君主をも操る。これこそ重臣の実態である。

智術の士は深い洞察力を持っているので、用いられれば重臣の隠し事を白日の下に晒そうとする。法に忠実な士は正義を貫くので、用いられれば重臣の悪事を正そうとする。
術を心得て、法に忠実な士が用いられると、貴族や重臣は必ず法に外れた者として顕れてくる。これは術を心得て法に忠実な士と、貴族や重臣とは相容れない仇同士の存在だということだ。

重臣が政治の要をほしいままにすると、国内外みながその重臣の為に動く。

その為に、諸侯もその重臣に頼らなければ物事は進まないので、相手国も彼を讃える。
役人も彼に頼らなければ仕事が進まないので、群臣も彼の為に動く。
宮殿の護衛官もその重臣に頼らなければ君主の側に侍ることができないので、彼の悪事の隠蔽をする。
学者もその重臣に頼らなければ俸禄は少なく待遇も低いので、学者も彼に都合の良いように論じる。

この四つの援助によって邪悪な重臣は自分自身を飾りたてるのだ。重臣は君主のために仇である法術の士を推薦することはなく、君主も四つの援助を越えてまで重臣の邪心を見抜くことができない。
こうして君主の耳目はますます塞がれ、重臣はますます重きをなしてゆく。


重臣の君主に対する関係は、信頼され愛されていない者はなく、また古くからの馴染みである。君主の心を読んで、好悪を君主に合わせるというようなことは、もともと彼らがやってきたことである。官位は高く、派閥の仲間も多く、国中がその重臣を褒め称える。

しかし法術の士で君主に採用されたいと思う者は、信頼され愛されるような親しさはなく、古くからの馴染みでもない。さらに法術の論理で君主の中の悪しき心を矯正しようとするのだ。これは君主の考えとは相反する。その上、自身は身分も低く仲間もいないのだ。

このように君主と疎遠な者が君主から信頼され、親密な重臣と争うのだから、勝ち目はない。
新参者が古参の重臣と争うのだから、勝ち目はない。
君主の意向に逆らう者が君主の意向に合わせている重臣と争うのだから、勝ち目はない。
身分が低く貧しい者が身分が高い重臣と争うのだから、勝ち目はない。
たった一人の口だけで国中の者と議論をするのだから、勝ち目はない。

法術の士は、これら五つの不利な状況にあるために、年月を重ねても君主への目通りすらできないのだ。


逆に重臣は五つの有利な状況を利用し、いつでもひとりで君主に対し好きなように論じることができる。
そんな状況で、法術の士はどうすれば君主に会って意見を述べることができるだろう。そして君主はいつになれば己の誤ちを悟ることができるだろう。

法術の士は、この勝ち目のない状況の上に、重臣とも両立することはできないのだ。
これではその身に危険が及ばないはずがないであろう。

法術の士に対して罪をでっちあげれるような場合は、公の法にかけて死刑にし、罪をでっちあげられないような場合は、刺客を放って暗殺する。
法術に精通しており君主に逆らう者は官吏によって殺されるか、刺客によって必ず殺されるのだ。ところが、徒党を組んで君主の耳目を覆い、虚言を言って私的な便宜をはかる者は、必ず重臣に信用される。

だから功績があるような場合は官位や爵位を与えて地位を上げ、よい評判のない場合は外国の権威を使ってその存在を重くする。こうして君主の耳目を覆い、重臣に取りいる者は官位や爵位で出世するか外国の権威によって重きをなす。

君主は事実を確かめもせずに刑罰を行い、功績を調べずに爵位を与える。
こんなことでは、法術の士はどうして命の危険を冒してまで意見を述べたりするだろうか。
邪悪な臣下はどうして私利を棄ててその身を退いたりするだろうか。

こうして君主の権威はますます衰え、重臣の権威はますます増大するのである。


越は国は豊かで兵も強いが、中原諸国の君主は皆、自国の利益にならないことを知っている。遠くて管理が行き届かないからだ。ここに土地は広く人工も多い国があるとしても、君主の耳目は塞がれ、重臣が権力をほしいままにしていれば、それは越と何ら変わりない。
自国が越と同じではないことは分かるのに、自国が越のように君主自身には治められなくなっているということが分からないのは、類似した状況を見分ける能力がないということである。

人々が、斉の国は滅んだという理由は、領地を失ったからではない。
君主の呂氏が権力を失い、田氏が実権を握ったからだ。
晋が滅んだ理由もまた、領地を失ったからではない。
君主の姫氏が権力を失い、六人の重臣が実権を握り、専横したからである。

今、重臣が賞罰の権限を握って独断専行しているのに、君主はそれを取り戻す術を知らないというのは、君主が愚かだからである。死人と同じ病にかかった者は生きることはできないし、滅んだ国と同じ状況の国は存続できない。

今、斉や晋と同じことを繰り返しておきながら、国が安全に存続するこちを望んだとて、叶うはずもない。


法と術による統治が行われにくいのは、大国だけのことではなく、小国もまた同じなのだ。
君主の側近は必ずしも智恵者ではない。君主がある智者に意見を聞いた後、その智謀について側近と論じあう。これでは愚者に智謀について訊いているようなものだ。
君主の側近は必ずしも賢者ではない。君主がある智者を厚くもてなした後、その人物について側近と論じあう。これでは愚者に賢人について訊いているようなものだ。

智者は策の善し悪しを愚者によって決められ、賢者はその人物を愚者によって品定めされる。こんなことでは智者や賢者は恥辱を被り、君主の決断も誤ることになるだろう。

臣下が官職を得たいと望むとき、賢者は清廉さに磨きをかけ、智者は正しい論理で仕事を進める。これら賢人、智者は賄賂を贈って人に取り入ったりせず、清廉さと正しい論理によって仕事をする。それに、法を曲げて政治に取り組むようなことはしない。
つまり賢人、智者は君主の側近のご機嫌伺いなどせず、法に背くような便宜も図らない。
君主の側近は伯夷のように清廉な人物ではない。私的な要求にも応じず、賄賂も受けないとなると、賢人、智者の功績は葬り去られ、讒言が起こるようになる。

功績は側近に葬られ、清廉な行いは側近の口先次第で決まるとなれば、有能な官吏は追放され、君主の耳目は塞がれる。実際の功績によって評価せず、実際の罪状によって罪を明らかにしない。そして側近の言葉に従うなら、無能な者が朝廷に集まり、愚かな役人が官職につくようになる。

大国の憂いは重臣の権力が強くなりすぎることであり、小国の憂いは側近が信用されすぎることである。
これが君主がみな等しく憂うところである。さらに重臣は大罪を犯して、君主は大きな誤ちをおかす。
君臣の間の利益はお互い相反するものである。

どうしてそれが分かるのか。

君主の利益とは有能な者を官職につけることだが、臣下の利益は無能であっても仕事を得られることである。
君主の利益は実際の功績に対して俸禄を与えることであるが、臣下の利益は功績がなくても富貴になることである。

君主の利益は傑物に能力を発揮させることであるが、臣下の利益は徒党を組んで私利を貪ることである。
こうして国土は削られ、臣下が富み、君主の権勢は弱まり、重臣の権力が強くなる。
こうして君主は権勢を失い、重臣に国を乗っ取られる。君主は臣下になり、重臣が君主となり命令を下す。

これこそ臣下が君主を騙して私利を貪った結果である。

ゆえに今の世の中の重臣で、君主が権勢を立て直してもなお、もとのまま寵愛を得られる者は十人のうち二、三人もいない。

それは何故か。
臣下の罪が大きいからである。

臣下の罪が大きいというのは、その行為が君主を欺いているということである。その罪は死罪に値する。智者は遠い先を見通して死罪になることが分かるので、必ず重臣に従うことはない。賢者も清廉であり、悪臣とともに君主を欺くことを恥じるので、必ず重臣に従うことはない。

重臣の一味というのは、愚かで身に迫る危険を察知できない者か、邪悪で悪事を平気で為す者である。重臣は愚かな悪人を従え、上は君主を欺き、下は私腹を肥やし、徒党を組んで君主の耳目を塞ぎ惑わせ、法を破って民の生活を乱れさせる。

国家を危機に陥れ、領土も削られ、君主は苦労の上に恥辱を受けることになる。これは臣下の大罪である。臣下が大罪を犯しているのに君主はそれを止められない。
これは君主の過失である。
君主は大きな過失をおかし、臣下は大きな罪をおかす。
これでは国が滅ばないようにと願っても、叶わぬことである。


テーマ : 中国古典・名言
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

韓非子 集中講義 石川 武志

Author:韓非子 集中講義 石川 武志
東洋大学中国哲学文学科に学ぶ。
中国学を志して、およそ20年。
専門は韓非子を中心に、古代中国における諸子百家の思想、哲学。
春秋戦国時代の法家、韓非子の翻訳、研究と解説。
韓非子集中講義主宰。

通背拳の伝承、指導。
日本白猿通背拳研究会を設立。

儒学者、近藤篤山の研究。
第二十四号 論語指導士
(論語教育普及機構認定)
http://p-kies.net/rongo/#r1/

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
キーワード

韓非 通背拳 

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
555位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
58位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR